So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Zeiss Deltrintem 8×30ジャンク品を買う [双眼鏡]

Zeiss Deltrintem 8×30ジャンク品(光軸不良)をYオクでゲットしました(8K)。
DSCN4928_R.JPG
Zeiss様でもジャンクなら、身近だと錯覚しての購入です(*^^*)。光軸がずれており、物が二重に見えるという代物です。届いた双眼鏡は、レンズはきれいですが、やはり光軸が大きくずれており、目に力を入れても全く一つに見えない状態でした。また、左目側で像の倒れが発生しており、プリズムの位置調整も必要でした。エキセンリングの調整で済むかも、という当初の甘い期待は軽くいなされたのでした。
双眼鏡の光軸調整は、yamacaさんの星を見る道具の工房に優れた解説があります。紹介されている平行器は、光軸の定量的な調整に必須です。当方も、以前、このページを参考に平行器を自作していましたのでZeiss様相手でもなんとかなるだろうと考えていたわけです。
さて、分解です。ポロプリズム部を露出するために、対物レンズをねじって外し、対物側のボディカバーを外します。接眼レンズ側の陣笠を外します。さらに接眼レンズを外しますが、ピント調整ダイアルの位置をテープで固定し、オリジナルの繰り出し位置をキープします。つぎに、接眼筒をねじって外します。このとき接眼筒をゆがめてしまうと接眼レンズが収められなくなる完全ジャンクになるので注意深く外します。Zeissは工作精度が高いので、特に注意が必要です。
DSCN4909_R.JPG
DSCN4912_R.JPG
像の倒れは、yamacaさんの、スケールを両眼で見る方法で調整しました。左目対物側のプリズムがずれて像の倒れを引き起こしていたことがわかったので、プリズム抑えを緩めて位置を調整し、左右の目で見て像の倒れが、均等になるように調整できました。
元の状態に組み立てて対物レンズの光軸を合わせます。この時、自作平行器を9mm厚ベニヤ板に固定して、カメラ用三脚に載せられる図のような光軸修正プラットフォームを作ってみました。
DSCN4906_R.JPG
DSCN4915_R.JPG
平行器は視野が狭いので、いちいち双眼鏡にあてて光軸を合わせるのはかなり面倒だからです。ベニヤ板の大きさは、ホームセンターで売っていた端材そのままで、特に意味はありませんが、大きいので、80mmクラスの双眼鏡でも載せられます。100mm双眼鏡も載りそうですが、三脚雲台との固定部がやわなので補強が必要です。双眼鏡の固定は、大きく上方に向けることはないので、太い輪ゴムで十分です。
光軸修正プラットフォームの効果は絶大で、エキセンリングを1回転して像の移動を把握すると比較的容易に光軸を追い込むことができます。
DSCN4914_R.JPG
図のような、遠くの山頂の鉄塔各部分の角距離を、スケール入り軍用双眼鏡(ロシア製)を使って見当をつけておきます。この鉄塔を基準にして、上下左右の視野のずれを判定します。光軸修正プラットフォームのおかげで、短時間で光軸を満足できるレベルまで追い込むことができました。正式には、目幅60mmと70mmで合わせるようですが、ほかの人がこの双眼鏡をのぞくことはあまりなさそうだし、目幅60mm(かなり狭い)70mm(かなり広い)の極端な顔つきの知人も思い当たらないので、自分用に65mmで合わせることにしました。
このDeltrintemは一部樹脂パーツが使われており、品質が低下しつつあった1970年代初め頃の製品と思われますが、明るくクリアな見え味で、Zeissらしさは十分維持されていると思います。Zeiss型ポロプリズム双眼鏡は、メンテしやすく、長く使える良い製品です。

nice!(0)  コメント(0) 

井戸ポンプを交換する [山小屋]

山小屋の井戸ポンプが故障しました。初めは、水漏れの程度も軽く、コネクター部分のシーリングの劣化だろうと軽く考えていたのですが、漏水が止まらず、ついには噴出するようになってしまいました。調べてみると、シーリングのへたりなどではなく、部品の破損でした(´_`)。小屋創建当時からの井戸ポンプで、とっくに廃番で、交換部品などあるはずもなし、交換しかありません。ポンプの値段を調べてみると、ネットで検索した安いもので4万円から、さらにプロにお願いすると、人件費こみで軽く10万円オーバーとなりそうです。せいぜい天気の良い休日にしか使わない設備なのに高すぎます。ということで、DIYすることを決心。あらためて井戸ポンプをネットで検索すると、Yahooショッピングで、「電動井戸ポンプ,小型ハイパワー,自動給水,給水深8m,100V50/60Hz【送料無料】【即納】12800円」というのが見つかりました。Yオクでも出品があるようです。
DSCN4900_R.JPG
あまりにも安いので、いぶかしく思い、購入者のレビューを見てみると、中国製で、取扱説明書はなし、接続する方向がわからず戸惑ったが、接続できれば十分使用できると書かれていました。交換作業が手に余って、新品なのに不用品(°_°;)をいきなり抱え込みかねないという不安はありましたが、この値段なら、使用できなくてもダメージは何とか許容範囲だし、DIYできないとわかったら、あきらめてプロに頼めばよい、と思い切り、注文しました。
新旧のポンプでは、吸水側と吐出側の位置関係が違うので、塩ビパイプの工作が必要です。塩ビパイプの接続法など丁寧に説明してあるサイトを参照しつつ頭の中で完成予想図を思い描き、手順をシュミレート、必要と思われる接続用の塩ビ管、エルボー、継ぎ手、接着剤、止水テープなどを購入しました。700円ほど。
このポンプにはスイッチや調節部分はなく、コンセントを差し込めば始動、使わないときはコンセントを抜くという潔い機械でした。吸水側と吐出側の判別は、ファンの回転方向が本体に刻まれているので、理解したつもりでした。そのときは。
休日には雨が降ることが多く、やっと作業できそうな天候になったある日、山小屋に向かいます。古いポンプを取り除き、
DSCN4896_R.JPG
DSCN4898_R.JPG
新しいポンプを据え付け、吸水側、吐水側に購入してきたパイプ、継ぎ手などで配管を終了。
DSCN4901_R.JPG
確認しながら慎重に作業した(つもり)ので所要時間は2時間ほどでした。接着剤が乾くのを待って、スイッチオン。元気にポンプは回り始めました。しかし、水は汲み上げられず….。呼び水が必要かと思い注入するもダメ。DIY失敗かと暗い気持ちになりながら、あらためてポンプ本体を確認すると、ファンの回転方向の下に水の向きを示すと思われる→を発見しました。逆接続か、やってしまった_| ̄|○。でもまだ打つ手のある不都合なので気を取り直します。
これまでも、一度でスムーズに物事が進むという経験には、あまり恵まれなかった人生なので、注意力がないのは十分自覚しているし、さいわい不注意という試練にめげない我慢強さ(鈍感さともいう)も持ち合わせているので、気を取り直して、片道10㎞ほどはなれたコメリにむかい、改めて部品を購入しました。
DSCN4904_R.JPG
一度実習しているので、再施行は順調に進み、1時間もかからず接続作業を終了しました。明らかにスキルアップしていると、やや苦い自己満足。一度目の失敗を糧にして経験値がアップしたと思うことにします。失敗時の写真とポンプの向きがさかさまになっています。
コンセントを差し込むと、ウィーンという元気な音とともに、吸水開始。蛇口をひねるとポンプが回って水が出る、当たり前の事ですが、はじめて水が出たときは少々感動しました。費用は1万4000円ほどでした。

nice!(0)  コメント(0) 

Zeiss Telementor 鏡筒をゲットする [天体望遠鏡]

Zeiss Telementor(63/840) 鏡筒をeBayでゲットしました。当方の嗜好からすると一流品過ぎて、関心の範囲外の存在でしたが、何度かのオークション終了を経て、そのたびに価格が下がってきたので心を動かされ(*^^*)、Buy it now、219.8ユーロ(27667円)送料89ユーロ(11203円)で落札しました。肝心のコンディションは、鏡筒に大きな傷はなく、延長筒もアイピースアダプターもついていましたが、problem with optics, fog and stainsというものでした。形から判断すると、1970年代中頃の製品のようです。ドイツの出品者で、送料が高いとは思いましたが、大きなものなので仕方ないところです。この望遠鏡は、1980年代の末頃、新婚旅行で行ったウィーンの街角の眼鏡店のショーウインドウに赤道儀、三脚セットで飾ってあるのを見た記憶があります。それから30年を経て、自分がその鏡筒を所有することになるとは少々感慨深いものがあります。
さて、鏡筒は2週間で到着しました。
DSCN4872_R.JPG
早速お手入れです。対物レンズは、汚れが1面2面(張り合わせなので2面しかありません)ともかなりひどいようでしたが、乾いたヨーロッパで過ごしてきた個体なので、カビはないようです。鏡筒の塗装面にも傷が少ないので、長いことしまい込まれていたものと思われます。永い眠りから覚めたら、東洋で頑張ってもらおうと思います。鏡筒の押さえねじ2か所を外せば、レンズセルが取り外せるはずですが、固着しているようで、鏡筒にプラスチックハンマーで少々衝撃を与えてもびくともしません。熱を加えたり、潤滑剤を注入したりと次の段階の手段も考えましたが、製造から40年以上たっているレンズなので、バルサム切れの心配もあり、強引な操作は避けることにしました。
DSCN4869_R.JPG
そこで、100均に行って、ご覧のような木材を購入し、先端にガーゼとマイクロファイバークロスを巻き付け、消毒用エタノールと無水エタノールで、接眼部側と鏡筒先端から清掃を試みました。マイクロファイバークロスには、黒い汚れがべったりとつくので、数度交換しました。またレンズ周辺は、綿棒にエタノールをつけて、交換を繰り返しながら、根気よく清掃しました。
DSCN4892_R.JPG
DSCN4886_R.JPG
DSCN4888_R.JPG
そのかいあって、拭きむらはあるものの、写真のように結構クリアになりました。
架台への取り付けは、アリ型アリ溝ですが、ビクセン規格より細身のため、M6ナットを厚みのある両面テープで貼り付け調整しましたこうすれば無加工で取り付けできます。
DSCN4894_R.JPG
オリジナルの照準金具では明るい星以外は導入しにくいので、その金具を利用して、ミザールのファインダー脚を取り付け、30mm8倍のファインダーを使用できるようにしました。
DSCN4895_R.JPG
さて、実視です。実は、これまでまともな6cm屈折を所有したことがありませんでした。
小学生のころ買ってもらった4cm屈折に始まり、自作10cm反射、自作13cm反射、C8とひたすら拡大を目指す望遠鏡人生だったので、6cm屈折で立ち止まることがなかったのです。
Telementorの星像は素晴らしく、きれいなエアリーディスクと薄いジフラクションリングが見えました。おとめ座γもOr9mmで分離し、とてもきれいでした。udo20号の過修正対物レンズ+クロマコアのとげとげした神経質な星像に比べて、素直でくっきりとした星像は見ているだけで楽しいです。これまで、シーイングの悪い日は、それを口実に晩酌早寝の生活でしたが、6cmなりの豊かな世界が広がっていることに気づくことになりました。

nice!(0)  コメント(0) 

20cm屈折望遠鏡のリニューアル(4) [20cm屈折望遠鏡]

20cm屈折のファインダーとしてリゲルクイックファインダーと7×50単眼鏡を使用しています。
リゲルクイックファインダーは、見やすく、軽量で使いやすく、アラインメントの目的星導入には、これだけで十分な優れものです。しかしプラの加工精度がいまいちで、台座から脱落しやすく、ドームに上がると、床に転がっているということが、たびたびありました。
そこで、L金具と磁石を接着剤で貼り付けて、写真のような工作をしてみました。ワンタッチで取り外せるし、脱落事故も無くなり、快適に使用できるようになりました。
DSCN4822_R.JPG
DSCN4824_R.JPG
DSCN4823_R.JPG
ファインダーは、古いビクセンの7×50の単眼鏡をYオクゲット(1K)し、接眼部を分解し、絞り環に細い銅線で十字線を入れて使用しています。十字線をまっすぐ張るのは難しく、若干よれていますが、実用には十分です。正立ファインダーはやはり便利です。
同架している7cm屈折は、Er32mmをつけて散開星団観察用です。

nice!(2)  コメント(0) 

20cm屈折望遠鏡のリニューアル(3) [20cm屈折望遠鏡]

鏡筒回転部
この望遠鏡は、ニュートン式反射同様、鏡筒回転装置がないと大変のぞきにくいことになるので、鏡筒バンドとストッパーとなる鏡筒リングをミニチュアベアリングを介して接触させ鏡筒回転装置としています。鏡筒バンドと当たる部分にテフロンテープを巻く予定でしたが、十分スムーズに回転しているので、そのまま使用しています。
DSCN4814_R.JPG
DSCN4815_R.JPG
DSCN4833_R.JPG

また、接眼等の重みで鏡筒がアンバランスになるので、70mmf400mmのサブスコープを古いミザールのガイドマウントで接眼部と反対の位置に取り付け、バランスをとっています。
DSCN4835_R.JPG
DSCN4834_R.JPG
さて、目標の達成度ですが、
1.全体で約10kg以上軽くなり、赤道儀の動きが軽快になりました。2.鏡筒を適宜回転させれば、全天を無理のない姿勢で見ることができます。3.以前は天頂ミラーで不自由に光軸修正をしていたのを、斜鏡金具で簡単に光軸修正ができるようになり、その分対物レンズの光軸にも敏感になり星像が改善しました。
マイナス点としては、鏡筒バンドの間隔がやや狭いため、微振動がわずかに増えたことですが、ピラーの弱さに起因する振動が減ったので相殺され、全体として十分満足な結果となりました。

nice!(1)  コメント(0) 

20cm屈折望遠鏡のリニューアル(2) [20cm屈折望遠鏡]

3月になって暖かくなってきたので、重い腰を上げて、やっと製作を開始しました。
対物レンズセルは、目論見通りにジャストフィット、M5ねじで固定するとガタも皆無です。
DSCN4812_R.JPG
DSCN4813_R.JPG
DSCN4821_R.JPG
遮光環は、内面のつや消し塗装が上等なので、当面なしです。不満があれば後から追加することにしました。
接眼部は、笠井トレーディングの接眼部取り付けベースにSynta屈折接眼部(これはクロマコア使用のために変更できません)に適合しそうなものがあったので、使用しました。
DSCN4836_R.JPG
斜鏡も笠井さんから短径70mmのものをスパイダーとともに購入しました。中心ねじの周りにスプリングを入れ、3か所の調節ねじを手で回しやすいように変更しました。
DSCN4846_R.JPG
FRP鏡筒は、工作もしやすく、対物レンズ、斜鏡金具、接眼筒の取り付けは一日で終わりました。対物レンズの光軸は、写真のように中心円を切り抜いた穴から光軸修正望遠鏡で十分に光軸を出し、次に斜鏡を取り付けて光軸修正、さらに対物レンズにもどって光軸修正の過程を3往復ほどして、納得できる状態に追い込みました。
DSCN4818_R.JPG
以前の鏡筒では、接眼レンズをヘリコイドで回転させるだけで光軸がずれたので、ピント合わせは、直進ヘリコイドで微調整することにしました。対物レンズの光軸が以前よりもよくあっているので、ピント調節や接眼鏡回転に伴う光軸のずれはほぼなくなりました。実視でも、焦点像周囲のジフラクションリングは、偏りがほぼなくなりました。

nice!(2)  コメント(1) 

20cm屈折望遠鏡のリニューアル(1) [20cm屈折望遠鏡]

DSCN4837_R.JPG
わが主砲のudo20号も、製作から5年が過ぎ、いろいろと不満な点が出てきました。問題点は
1. トップヘビーを解消するカウンターウエイトのせいもあって重い。NJPなので、赤道儀そのものは十分耐えていると思われるが、ピラーに起因する振動が気になる
2. ドームの大きさの割に長大なので、向きによってはドームの壁面と接眼部が接近しすぎて、とてものぞきにくい、あるいはのぞけない。
3. 直接星像を見ながら光軸調整を行うことが困難。クロマコア使用なので、天頂ミラーもふくめて厳密な光軸合わせが必要なのですが、妥協を強いられていた(単にやりとげる意志が弱いとも言えますが)の3点です。
そこで、まず、鏡筒をFRPで軽量化できないかと考えました。FRP鏡筒を供給しているのは、バックヤードプロダクツさん(backyard.c.ooco.jp/)一択です。その製品で、20㎝用の鏡筒は内径232㎜なので、対物セル受け周りに厚さ4㎜のスペーサーを入れれば、現在の対物セルがちょうど収まりそうです。こう気がついた時から急に、鏡筒の具体的なイメージが固まりました。接眼部は、鏡筒の長さを短縮するために、大きめの斜鏡で光路を曲げ、ニュートン式反射のようにすれば、焦点引き出し量の分だけ鏡筒を短縮できそうです。また、斜鏡を、星像を直接見ながら調整できるようにすれば、光軸調整も手元でやれそうです。完成予想図は、ネットオークションでよく見かける地面を向いている情けない反射望遠鏡(´_`)のような格好になりますが、上記の問題点を解決するためには、これしかないと決意しました。ということで、長さ150cmの20cm用FRP鏡筒を注文しました。
バックヤードプロダクツさんのレスポンスは素早く、すぐに延長加工、内面つや消し塗装済の鏡筒が届きました。しかし、この冬は異常に寒く、シーイングも悪いし、主な惑星も観望しにくい位置にあるということで、士気が高まらず、春まで、冬眠状態でした(-人-)。

nice!(1)  コメント(0) 

腕時計の電池交換をする

普段、仕事中は、実用一点張りのソーラー電波時計を使っているのですが、たまにお出かけをするときや、改まった席でスーツを着るような場合用に、2本のクオーツ腕時計を持っています。3年から5年で電池交換をする必要があるのですが、近くのショッピングセンターに入っていた時計技能士さんがいるお店が撤退してしまい、遠方まで出かけるのも億劫だし、使う機会もないので、この2、3年ほど止まったままでした。このままでは、何の役にも立たないので、ある日、重い腰を上げて、電池交換に出かけようかと思いましたが、その前に裏ブタをあけて中身を見てみることにしました。できそうもなかったら、再びふたをして時計店に行けばよいことです。時計のベルト交換、調整くらいは自分でしていたので、一歩進んで、電池交換にトライしてみることにしました。
わりと高価だった時計なので、十分に下調べをして、写真のような工具を揃えました。
DSCN4832_R.JPG
Amazonで2.5K円ほどでした。
電池は、蓋を開けてみなければわからないので、それからの注文です。
時計固定台に時計を固定して、時計開閉器をアジャストして、二の矢なしと、気合を込めて回します。
DSCN4825_R.JPG
DSCN4826_R.JPG
無事あきました└(^へ^)┘。もう一本は、こじ開け器で、同じように気合を入れてコジコジ、無事あきました(*^^*。こちらは、ムーブメントカバーなしでした。
DSCN4827_R.JPG
こういう時は、気合を入れて全力でやらないと器具が滑って傷をつけてしまうのは、カメラ、レンズと同じことです。使用電池は、2本ともSR916SWでした。ヨドバシカメラに注文すると、送料無料で翌日午前中に配達されました(1個181円、送料のほうが高いのでは?)。時計内部は素手や金属ピンセットで触らないようにして、時計の辺縁部や裏ブタの汚れは、無水アルコールで清掃除去します。プラスチック手袋をした手とプラスチックピンセットでムーブメントのふたを外し、電池の収まり方を十分に観察してから電池を交換しました。カメラレンズ分解やシャッター修理くらいの経験と注意力があれば、それほどの困難もなくやり遂げられそうです。
裏ブタのパッキンはまだ痛んでなさそうなので、シリコンオイルを塗布して再使用しました。
DSCN4829_R.JPG
電池を交換すると、2本とも元気に動き出しました。自分で電池交換できると、いままで何となく疎遠に思えていたクオーツ時計に、より愛着を持てるような気がします。
DSCN4831_R.JPG
nice!(1)  コメント(1) 

レチナーNEX、二眼レフーNEXアダプターを作る [カメラ レンズ]

薄型NEX-M42アダプターと、M42ヘリコイド、廉価なM42接写リングのおかげで、引き伸ばしレンズの使用や、ジャンクレンズ工作の幅が広がりました。
ジャンク再利用のアダプターを紹介します。
まず、Retina -NEXアダプターです。
DSCN4797_R.JPG
Retina ⅢCのレストアで、羽根がさびていて再生を断念したシンクロコンパーのがらんどうが残ったので、これを利用してレチナ クセノンをNEXに接続するアダプタを作りました。
シンクロコンパーの筐体をM42接写リングN0.2とステンレステープで接続し、M42ヘリコイド12-19mmを介して薄型NEX M42アダプタと接続します。ステンレステープ接続では若干強度に不安がありますが、現在までのところ無問題です。M42接写リングN0.2には、シンクロコンパーの絞りレバーがF2.0からF22まで動けるようにやすりで切込みを入れ、スペースを作っておきます。
DSCN4799_R.JPG
このアダプタのおかげで、交換レンズの、クセノン35mmと80mmもNEXで使うことができます。ダイレクトにピントを確認できるので、本家RetinaⅢCで使うよりもずっと快適です。  

つぎに二眼レフ-NEXアダプターです。
二眼レフのレストアをしていると、古いものが多いだけに、再生不能、もしくは再生する気になれないパーツや残骸がたまってきます。
これらの二眼レフはコンパー0番シャッターもしくはそれに準拠したユニットを使っているものがほとんどなので、シャッターユニットの前玉と後ろ玉をペアで交換すれば、多くは互換性があります。
そこで、プリモフレックス残骸から摘出したRectus シャッターをバルブ固定の状態にして、C-NEXアダプターに接着し、さらにM42接写リングno.1をこのアダプター中枢側に接着(メタルロック使用)、No.2リングをはさんでM42ヘリコイド(17-31mm)―NEXアダプタとつないで、複数の二眼レフレンズに汎用性のあるNEX用アダプターを作りました。
DSCN4796_R.JPG
レンズの交換は、接写リングno.1とno.2の間をはずして前玉と後ろ玉を交換します。
DSCN4800_R.JPG
DSCN4801_R.JPG
現在、プリモフレックスのToko 75mm F3.5、ローライコードのXenar 75mmF3.5、IkoflexのNova anastigmat 75mm F3.5の三本が使用可能です。いずれも前板がゆがんでいたり、メカがさび付いていたりしたものから摘出したレンズで、キズ、コートはげ、薄曇りのあるレンズたちですが、オールドレンズらしい描写を楽しめます。

nice!(1)  コメント(1) 

AFニッコール80-200mmF2.8カビ取りをする [カメラ レンズ]

まだニッコール獲得の旅が続きます。ここまでAFニッコールが一本もない状態でしたが、せっかくのAF機能も生かしたいので、あるハードオフでニコンF4時代の標準レンズ、AFニッコール28-85mm f3.5-4.5をゲット。3k+税でしたが特に問題のない良い状態のレンズでした。これで標準レンズは確保できました。撮影する対象はこのレンズで十分カバーできてしまうようなカメラマニアですが、引き続き、別のハードオフで16200円という微妙な値段のカビありAFニッコール80-200mmF2.8を発見してしまいました。絞れば写りに関係なさそうということで、結構いいお値段がついています。絞り前方のレンズに大きなカビのコロニーがあり、後ろ玉にも小さなカビがありました。F4に絞れば見えなくなる程度でしたが、速断は避けて、帰宅後ネットで情報を集めてみました。前玉の分解はハードルが高そうでしたが、AFレンズでも、後ろ玉の分解と絞り前方レンズ面の清掃はできそうだという結論を下し、再度訪問、ゲットしました。
DSCN4695_R.JPG
自分的には、結構高価なレンズだったので、時間があるときに余裕をもって作業しようということで、新年のある日に作業を始めました。
Web上に、サービスマニュアルがあるので、それを参考にしながら、マウント後方からアプローチ。
DSCN4682_R.JPG
DSCN4687_R.JPG
DSCN4689_R.JPG
後ろ玉を外し、クリーニング、そこから絞りを越えてカビコロニーに到達、無事に無水アルコールで除去できました。
DSCN4690_R.JPG
DSCN4692_R.JPG
ここで冷静になって考えれば、この80-200の重いレンズを使う機会はどれだけあるかですが、まあそういう反省は、趣味物欲の前には空念仏ですので、作業成功と所有の喜びがあるということで納得ですi~∧(-.-)。

nice!(1)  コメント(1) 
前の10件 | -