So-net無料ブログ作成

ペンタックス オート110のレンズを清掃する [カメラ修理]

DSCN4377_R.JPG
フィルムが絶滅してしまったため、カメラ本体はオブジェとなってしまいましたが、自作フォーサーズ オート110アダプタのおかげで、レンズは現役です。とくに、小型の24mmF2.8と画角的に使いやすい18mm F2.8が活躍しています。最近、さらに両方とも一本ずつ増員されたのですが、カビ、クモリがあるジャンクのため分解して清掃することにしました。
2本とも構造は同様です。
分解の手順ですが、ピントリングにあるイモネジ3本を外します。するとピントリングが抜け、レンズ本体が露出します。
DSCN4378_R.JPG
DSCN4379_R.JPG
DSCN4381_R.JPG
レンズユニットをヘリコイドねじから外します。このとき、ヘリコイドねじの分離した位置関係がわかるように目印をつけておきます。こうすることで、再組み立てが容易になります。
レンズ本体から、前ユニットと後ろユニットを分離します。ねじに固定の接着剤が使われているので、結構力が要ります。
このように3つに分解できますが、何らかの溶剤で接着剤を柔らかくするとよいと思います。
DSCN4382_R.JPG
カビとくもりは3ユニットの6面のうち、前方から4,面、5面に発生していました。
清掃して組み立て、最後にピントリングを調整固定します。この時オート110本体のフォーカシングスクリーンで十分にピント確認ができました。
実際の撮影では、約F5.6に絞ると(実絞り優先撮影、露出時間から推測)画像最周辺部の画質が改善します。小さくてもきちんと作ってあるカメラでした。
DSCN4446_R.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

ローライフレックスをレストアする [カメラ修理]

Yオクでご覧のようなローライフレックス オートマットMXジャンク品をゲットしました。歴史的名機も外観が汚いので、9.5Kでした。
DSCN4156_R.JPG
さて届いたカメラを見てみると、テイクレンズはまだらになったUVフィルターに守られていたおかげで、比較的良好な状態です。目についた不具合は、シャッター速度ダイアルが空回りしてしまい、シャッター速度変更ができなくなっている点でした。
とりあえず前板を外します。前板の裏側には、シャッター速度と絞りを操作するメカがあります。
DSCN4163_R.JPG
シャッター速度ダイアルのギアとシャッターユニットのシャッター速度カムを動かすギアの連動が外れています。
ギアの高さが微妙に狂っており、かみ合わせが悪くて外れてしまう状態でした。あちこちをよく見てみると、前板が一部陥没しており、そのせいでギアのあたり面が不ぞろいになっていることに気づきました。正面から強い力が加わったものと思われます。そこで、裏側のギアを分解しました。
DSCN4165_R.JPG
矢印のギアのかみ合わせが悪く、空回りしてしまいます。
DSCN4164_R2.jpg
裏面からじっくりと外力を加え、陥没している部分を整復し、かみ合わせができるようになりました。
変更できるようになったシャッター速度は、1と1/2がやや長いものの、全体に良好でした。
ぼろぼろの外観は、本革の貼り革が劣化し、革表面の塗装面がはがれ皮そのものの色が出てしまったためでした。フェイクレザーを貼ることにしましたが、型紙を作るベースには、カメラそのものをコピーしてみました。カメラが平面で形成されているため、結構うまくいきました。
DSCN4169_R.JPG
テイクレンズ前群を取り外して清掃し、後玉も前後から清掃してレストアを終了しました。

nice!(0)  コメント(0)