So-net無料ブログ作成
検索選択

Rollei 35SのCDSセルを交換する [カメラ修理]

Rollei35LEDのレストアに続いて、Rollei 35Sのレストアをすることにしました。かなり以前に、露出計不動、ヘリコイド繰り出しに引っかかりありの不具合で、比較的安く購入し机の中で眠っていたものです。
レンズの飾りリングを外してみると、ヘリコイド繰り出しの引っかかりは、部品がネジの頭に当たっていたためでした。
次にトップカバーを外します。ネット上で情報が多く手に入る通り、フィルム巻き戻しレバーの根元の部品が取り外しにくいですが、特に問題なく外すことができました。
露出計不動は、CDSセルの足が、腐食して折れたのが原因でした。この部分をリード線でつないで復旧してみると、露出計の針は触れるようになりましたが、安定しません。ときどき、大きく動揺します。このCDSセルを取り外してみると、背面はさびさびです。
DSCN3801_R.JPG
DSCN3804_R.JPG
抵抗値を測ってみると、明るいところでほぼ0オーム、暗所で2Mオームくらいの抵抗値を示しました。手持ちのCDSセルで似たような値を示すものを探して載せ替えました。
DSCN3800_R.JPG
結果、針は安定して触れるようになりました。
完全な暗所では、0の位置にわずかに戻らず、明るいところでは1段くらいオーバーの値を示します。カメラ側面の可変抵抗で、調整できるようですが、古い部品の劣化による破損も恐ろしいので、ASA感度ダイアルで調節することにしました。手持ちの単体露出計と比較して、ほぼ同じ値を示すので、十分実用になると思います。

ローライ35LEDのレストア [カメラ修理]

Yオクで、ローライ35LEDを落札しました。ローライ35を所有しており、Tessarのカリカリの描写とToriotarの描写を比較してみたかったからです。とはいえ、完動品は高いし、そこはやはりジャンク品をゲットすることにしました ((^┰^))。さて、このカメラは、
「動作:巻き上げ、シャッター切りができません。裏蓋も外せない状態です。レンズの絞り羽根の調整は可能です。シャッタースピード調節のリングが固くて動きません。」とういう物件です。2.5Kでした。
届いたカメラを見てみると、電池室底部の電極がなく、ASA感度の目盛板もない状態でしたが、レンズはクリアでした。

DSCN3767_R.JPG
裏蓋は、底部のロックを外すと外せました。巻き上げられないのは、何かが引っかかって、レンズが繰り出せていないからでした。そのため、シャッターも切れません。
外装のレザーをはがし、ケースの4本のねじを外すと前板が外せます。
DSCN3768_R.JPG
さらに4本のネジを外すとレンズボードが外れます。
沈胴したレンズに引っ掛かっていたのは、レンズが繰り出されたことを示す接点(?)の金具でした。まず,、これを摘出し、レンズが繰り出せるようになると、シャッターが切れるようになりましたが、正しい位置に固定されていないので、レンズの固定が不安定で、シャッター羽根も開いていないようです。おそらく、巻き上げた状態でないと沈胴できないことを忘れた使用者が力まかせに回転させ、正しい位置からずれてしまったようです。あれこれとレンズ周りをいじっていると、正しい位置に戻ったようで、レンズ沈胴ボタンでロックと解除ができるようになり、適正なシャッター速度で作動するようになりました。
シャッタースピード調節のリングが固いのは、シャッターリングにクリックストップを与える板ばねが強すぎるからでした。とりはずして手で曲がりを微調整し、適度な硬さとクリック感があるように調整しました。
DSCN3769_R.JPG
これで、露出計以外は、正常に作動するようになりました。このままでも、単体の露出計を使えば実用品です。
しかし、直せるものなら、露出計も直してみたいと思うのが人情です。ということで、先に進みます。
とりあえず、トップカバーは、巻き上げレバーのネジをアメゴムで回してはずし、3本のネジを外せば、開けることができます。カバーをあけると、電池室の折れた電極が見つかりました。
電池室底部にボンドで折れていた電極を接着し、リード線をハンダ付けして結線しました。
レンズ繰り出しの信号を伝える接点は、力のかかる部位なので、セメダインスーパーX
で接着し、小ビスでネジ止めしました。この位置決めは、かなり微妙なので、レンズ鏡胴に干渉しないように、接点で接触するように慎重に位置決めします。もともとの配線がかなり窮屈でワーキングスペースが取れないため、1cmほどリード線で延長しこの接点に半田付けしました。黄色のリード線に続く部分がその接点です。
DSCN3775_R.JPG
組み立てて、LR44電池4個を入れると、LEDが点灯しました。やったーやった\(^o^)/、と喜んだのも束の間、シャッター速度や、絞り、ASA感度ダイアルを操作しても、露出オーバーの赤いLEDしか点灯しません。そこで、レンズ後方の2か所の接点をしつこくクリーニングすると、3つのLEDがそれなりに点灯するようになりました。しかし、まだ不安定です。
さらに、レンズの前玉を外し、その奥にある。接点とブラシを清掃し、ブラシの曲がりをやや強くしてしっかり接触させるようにすると、うれしいことにLEDの点灯が安定するようになりました。
DSCN3793_R.JPG
本来このカメラは、ASA25からASA1600までに対応するような仕様ですが、LR44×4本の使用下では、だいたい2段オーバーの測光結果でした。ISO100と400のフィルムしか使わないので、単体露出計でダイアルの位置を決め、マジックペンでマークしました。
無限遠で、ピント調整をして、レストア終了です。
ローライ35LEDは、ローライ35と比較して、プラ部品が多く、ちゃちな感じですが、一方、軽くて持ち運びしやすい利点もあります。気軽に持ち出せて、ファインダー内で露出を調整できる機動性の高いローライだと思います。