So-net無料ブログ作成

Nicca のシャッター幕交換 [カメラ修理]

不動品を手入れすると再び元気に動作する、フォーカルプレーンシャッターの幕交換が面白くなってしまい、Niccaに手を出しました。
シャッター幕交換第3弾は、Niccaです。ストロボの接点が塞いであります。何型か不明ですが、3型でしょうか。Yオク価格は、FEDの数倍する高級品です。
DSCN3434_R.JPG
この個体は、外観美品、シャッター動作するということでしたが、到着後空シャッターを切っていたら、あえなくリボン破断、不動品となりました。
DSCN3435_R.JPG
最初から完動品を買ってしまうと、愛着がわきませんので、想定の範囲内です(負け惜しみです。聞き流してください(- -;*)ゞ )。
分解は、ファインダー接眼部の固定ネジを外し、接眼レンズを外します。
DSCN3436_R.JPG
対物レンズを外す。さらに、軍艦部固定ネジを外します。
DSCN3437_R.JPG
レンズマウントを外す。この時、スペーサーをきちんと復旧できるように記録します。
DSCN3441_R.JPG
軍艦部を外します。
スローシャッター部を外すと、この下に、ボディシェル固定ネジが一本隠れています。
DSCN3447_R.JPG
このネジとそのほか見えている固定ネジを外して、ボディシェルを外すことができます。
かかり止めレバーのバネは、アクセサリーシューの下に固定ネジがあります。
幕は、御覧のように、ぼろぼろに風化していました。
DSCN3452_R.JPG
遮光版を外すためには、距離計のアームを外す必要があります。
DSCN3453_R.JPG
このようにしてシャッターユニットを露出することができます。
DSCN3491_R.JPG
このシャッターユニットには、清掃、注油した後、採寸したシャッター幕とリボンを、細い銅線をガイドワイヤーにして、それぞれの位置に誘導して、張り付けました。FEDの時に比べて、位置合わせが楽で、短時間で、作業が終わりました。
スローガバナーを洗浄して組みつけましたが、1秒では作動しないこともあります。幕のテンションが不足気味だと思いますが、シャッターテスターで、やや遅いレベルに調整しているので、使わないシャッタースピードにはこだわらないことにしました。
DSCN3497_R.JPG
仕上がりは、巻き上げは軽く、シャッター音も静かで、ライカに近い品質と言われただけのことはあると思いました。

FED-2 シャッター幕交換 [カメラ修理]

寒い時期は、シーイングも悪く、なまけものの天文ファンにとっては、屋外活動が減る季節です。ということで、カメラいじりが続きます。
フォーカルプレーンシャッター修理第2弾は、ピンホール多発、黒い粉を撒き散らし、巻き上げの重い、FED-2です。製造番号から、1981年製でしょうか。
分解の手順は、
1. 巻き戻しノブを引き上げて、根元のロックネジを緩めてリングと一緒に引き抜きます。
2. 3本のネジで固定されているアクセサリーシューを外し、シャッター速度表示リングの芋ネジをゆるめて取り外します。シャッター速度表示リングは、再組み立てのときには、いちばん間隔の狭いところが1/500と1/250、そこから時計回りに1/125、やや距離を置いて1/60、うんと回って1/30とわかるので、取り外しの位置は記録しなくても大丈夫だと思います。
DSCN3412_R.JPG
3. シャッターボタンのバードリングの芋ネジをゆるめて左に回して外します。
4. 巻き上げノブの芋ネジを緩めて左に回して外します。
5. 上カバーの前側にある、3本のネジを外します。
DSCN3409_R.JPG
6. 接眼レンズと距離計の、丸窓を飴ゴムで外し、レンズは、かに目で外します。(こうすると、距離系の上下と距離が狂ってしまうので、組み上げてから、かに目回しで、再調整する必要があります。)
これで、軍艦部カバーが外せます。
つぎに、
7. シャッターボタンの横にあいている穴に、細いドライバーなどを差し込んで、左に回して外します。
DSCN3415_R.JPG
9.シャッタースピード変更部分の中心に刺さってるマイナスネジを外し、シャッタースピード変更金具(かかり止めレバー蹴とばし金具)を抜きます。
10.その下にある、切り込みの入った真鍮の円盤の横に刺さっている長ネジをまわして抜くと(このネジ頭をなめてしまうと再起不能なので注意)この円盤を外すことができ、シャッターユニットを外すことができます。部品点数が少なく、合理的で、タフな作りです。
DSCN3412_R.JPG
11.シャッターユニット固定ねじ(矢印)をはずします。これでシャッターユニットをはずすことができます。
DSCN3420_R.JPG
巻き上げが重かったのは、古いフィルムの破片が挟まっていたからでした。
Fed-2のシャッター竿は、カシメられた金具で、曲げてしまったため、再利用できませんでした。そこで、鉄道模型用の厚さ0.4mm幅3mmの真鍮板を購入して、竿を作成しました。
オリジナルと同じ寸法で先幕、後幕を作成しても、若干の位置調整は必要ですが、FED-1よりは簡単です。
取りだしたシャッターユニットを良く見てみると、メインドラム上側の先幕リボンが極端に短く、短い分の回転半径を稼ぐためにドラム上にリボン片を貼り付けてつじつま合わせをしてありました(矢印)。また、先幕リボン下側が、巻き取り軸ローラーの隙間に落ち込んだ状態でした。恐るべし旧ソビエト製造業。
DSCN3426_R.JPG
シャッターユニットの組み込みが一番難しいところです。組み込むときに、引っかかる部位は、
1. 先幕巻き取りドラムと、後幕リボン巻き取りドラムの先端
2. 後幕ドラム(真ん中の部分)の切りかけ穴とかかり止め金具の連結ピン
3. シャッター軸下端のギアとメインドラム駆動ギアとのかみ合わせ部分です。これが一番厄介ですが、組み込むときにメインドラムを細かく動かしてやると組み込み成功率が上がります。(矢印部分)
DSCN3471_R.JPG
いずれにしても、幕とリボンを装着していない状態で、各部分の位置関係を十分に把握しておく必要があります。
先幕リボンの貼り付け位置がずれて幕が傾いたため、貼りなおしました。
DSCN3472_R.JPG
以前、電子工作の練習用に作ったシャッター速度テスター(カメラパラダイスさんのキット、最近閉店されてしまったそうで残念です)で、やや遅めに調整しました(ポジは使わないため)。