So-net無料ブログ作成

Synscan EQ-5用アップグレードキット [SE赤道儀]

趣味人さんから、注文していたEQ-5用のアップグレードキットが届きました。
DSCN3338_R.JPG
外箱は、EQ-5、EQ-3兼用のようです。
念のため、モーターと減速ギアの検証をしてみました。
HEQ-5用、EQ-5ともモーターの外観はまったく同じものです。
DSCN3336_R.JPG
DSCN3337_R.JPG
赤径モーターのギア比は、HEQ-5用が、モーター軸から9:28:48で赤径軸です。
減速比は3/16です。ウォームホイルの減速比は1:135ですから、トータルの減速比は、1:720となります。
EQ-5用は、モーター軸から12:48/36:45で赤径軸でした。減速比は、1/5です。EQ-5のウォームホイルの減速比は、1:144です。こちらもトータルの減速比は、1:720と計算されます。このことから、Synscanは、どの機種用もコントローラー、基板、モーターは同じもので(EQ-6はモーターが異なる可能性あり)、取り付け金具とギア比を機種別に調整したものだと考えられます。そうしてみると、駆動系のバックアップをリーズナブルに入手できるので、このシリーズは、基板の故障があった時にも自己修理が可能で、安心して使用できると思います。

スカイエクスプローラー(SE)赤道儀の基板を交換する [SE赤道儀]

当方の主力機、NJP赤道儀の駆動系は、スカイエクスプローラー赤道儀のSynscanです。K-Astecさんが、Synscanの基板を使用し、モーターとギアを変更してくれた製品です。その結果、内臓のないSE赤道儀の残骸が手元に残りました。。
外付けケースに入れてくれたNJP用の駆動基板を接続すれば、もとのSE赤道儀として使用できるように、K-Astecさんが、モーターの接続端子を設置してくれていましたが、取り外し取り付けが面倒なので(すみません、なまけものです(^^;ゞ)ずっと残骸のままでした。
DSCN3298_R.JPG
DSCN3299_R.JPG
ヨーロッパの望遠鏡販売サイトを見ると、HEQ-5赤道儀用のGoTO upgrade kitが販売されています。ネットで調べてみると、HEQ-5赤道儀は、GoTo機能のないスカイエクスプローラー赤道儀のダウングレード判であるようです。そこで、NJP赤道儀駆動系の補修部品として、HEQ-5赤道儀用のGoTo upgrade kitを円高のころ購入してありました。300ユーロ+送料45ユーロでした。
現在、国内でも3万円台後半で、EQ-3、EQ-5赤道儀用のアップグレードキットが販売されています。EUで300ユーロなので、とてもリーズナブルな国内価格です。コントローラーと基板は同じもので、モーターと赤道儀間の取り付けギアで、仕様を変更しているものと思われます。バックアップ用の部品ならこちらでよいので、EQ-5用のキットを注文する一方で、内臓をぬかれた残骸になっている、SE赤道儀に保存していたHEQ-5用の基板とモーターを装着して、独立した赤道儀として復活させることにしました。
キットの内容はこのようになっています。
DSCN3300_R.JPG
取り付けマニュアルは英語ですが、外すネジ、保存するネジの指示がある程度なので、読むのはさほど問題ありません。
DSCN3302_R.JPG
SE赤道儀のサイドカバーとフロントカバーを外します。
DSCN3309_R.JPG
DSCN3310_R.JPG
DSCN3312_R.JPG
次に、赤径、赤緯のモーターを外します。
DSCN3313_R.JPG
DSCN3314_R.JPG
コントロールパネル部分を装着し、極軸望遠鏡の照明ユニットを取り付けます。
DSCN3315_R.JPG
DSCN3316_R.JPG
赤道儀本体内に基板を取り付け、モーター、コントロールパネル、照明のプラグをソケットに差し込み作業終了です。
DSCN3317_R.JPG
DSCN3319_R.JPG
DSCN3320_R.JPG
慎重に作業して、2時間くらいの行程でした。

星座観察用ビノ [双眼鏡]

ワイドビノ28のおかげで、対物レンズの大きなガリレオ式光学系で極めて視野の広い双眼鏡が作れることが分かって、カメラ用のテレコンバージョンレンズを利用した星座ビノを作る自作記事が見られるようになり(「昔欲しかった望遠鏡」さんの掲示板)、当方も製作してみました。星座ビノの枠は、この掲示板の常連さんから分けていただきました。その当時Kenkoのアウトレットショップで、コンバージョンレンズが安売りされていたので、2×と1.5×のものを購入しました。
Kenkoの2×テレコンバージョンレンズでは、軽度の近視のある当方では、無限遠にピントが出なかったので、キャノンの視度補正レンズを接着してあります。本家のワイドビノよりも視野が明るく、若干広視界です。10m以内にはピントが合いませんが、星座用には、取扱いに気を遣わなくて済む分使い勝手も良好です。
DSCN3290_R.JPG
DSCN3291_R.JPG
DSCN3292_R.JPG
こちらは本家のワイドビノです。
DSCN3296_R.JPG
DSCN3295_R.JPG
1.5×テレコンバージョンレンズを使用した星座ビノは、やはり無限遠にピントが合わなかったので、カッターで分解し、2群2枚のレンズの間隔を調整し、ピントを合わせて再接着しました。広視界で、夏の大三角が視野に収まりますが、どこまで微光星が見えているかは微妙です。周辺の星像はかなり流れます。しかし、近視用の眼鏡よりも明らかに暗い星が見え、肉眼では4等星がやっと見えるくらいの当地でも、らくに星座の形をたどることができるので、5等星くらいまで見えていると思います。
DSCN3258_R.JPG
DSCN3260_R.JPG
最近、古本で手に入れた中野繁著「四季の天体観測」のページを、このビノたちをおともにたどってみたいと思っています。
DSCN3293_R.JPG