So-net無料ブログ作成

タカハシEM-1S赤道儀のレストア(その3) [タカハシEM-1S赤道儀]

最後にとりかかったのは、極軸望遠鏡です。
せっかくのタカハシなので、それなりのものを取り付けたい、ということで、手元にあった、古いミザールAR-1型の極軸望遠鏡を加工することにしました。この極軸望遠鏡は、立派なスケール入りですが、対物レンズは直径約1cmの単レンズで、決して見やすいものではありません。EM-1S赤道儀の極軸は、内径43mmほどと十分な太さがあるので、スペースを埋めるために、対物レンズを交換することにしました。ミザールの30mm 8×のファインダーの対物レンズは、極軸望遠鏡と焦点距離が同じなので交換してもスケールが変化することはありません(ビクセンの極軸望遠鏡と比較して確認しました)。余談ですが、対物レンズの焦点距離が細かく選べれば(対物レンズの焦点距離を適切な分長くできれば)古いスケールをアップデートできます。たとえば、1980年の離角は49′、2015年の離角は41′ですから、対物レンズの焦点距離を20パーセント長くしてやれば、35年前のスケールが現役復帰するわけですが、レンズの選択肢がないため、そう都合よくはいきません。
さて、3㎝ファインダーの後方に極軸望遠鏡の接眼部を塩ビ管で接続し、塩ビ管、アルミテープで隙間を埋めて挿入し、瞬間接着剤を少量流し込んで、固定しました。この極軸望遠鏡の接眼部は、3か所のイモネジで、スケールを移動させることができるので、軸出しをすることができます。製作過程の写真は撮り忘れてしまいました。
DSCN4345_R.JPG
これは、極軸望遠鏡の対物レンズです。口径30mmになっているのがわかるでしょうか。
DSCN4364_R.JPG
これで、半分ジャンクだったEM-1Sが復活しました。
DSCN4367_R.JPG
ビクセンの古い木製三脚を取り付けて10cm屈折を載せてみましたが、さすがにしっかりしています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0