So-net無料ブログ作成
検索選択

C8の当たりはずれ(その4)調整したはずれC8実際の見え方 [シュミカセ]

はずれC8で、エアリーディスクのまわりを第1干渉環が均等に取り巻くように、人工星の星像を調整することが、わりと簡単にできるようになりました(慣れたのと、一度合わせてしまえば、ぶつけない限り微調整で済みますから)。人工星による光軸調整で懸念されるのは、ほとんど水平の向きで光軸を調整するため、鏡筒の向きによって光軸にずれが生じるのではないかということと、15mという近い合焦位置から実際に使用する無限遠までミラーを大きく動かすことで光軸がずれないかということです。天頂部の恒星を観察すると、このC8の場合、これらに起因する光軸ずれはほとんどないようです。ピント合わせの際に収束してゆく同心円に偏りがある(片側がけば立つ)のは気にいらないところですが、ピントが合った時のエアリーディスクは小さく、そのまわりのジフラクションリングも、気流に千々に乱されながらも、ほぼ均等に分布しています。実際の揺れ動く恒星の焦点像でここまで副鏡の調整をするのは、かなり困難だと思います。
また補正板の回転も試してみましたが、人工星の星像を見る限り、最初からの位置がベストなようで、この鏡筒では有効ではありませんでした。
このように調整した、はずれC8の実際の見え方ですが、かなりシャープになった印象です。安定して性能を維持できる見込みになったので、達成感がうれしくて、最近のベランダ観望は、このC8と相性の良いEM-1赤道儀の組み合わせばかり使っています。
DSCN4298_R.JPG
DSCN4297_R.JPG
今シーズンの木星面も、一瞬の好シーイングの時にはかなり詳細に観察できます。コントラストは今一つで、バックグラウンドもやや明るいですが、よく見ると細かいところまで解像しています。今年は、大赤斑が縮小し、色もオレンジ色で、コントラストが悪いC8では見にくいのですが、気流が落ち着いた一瞬には、SEBの切れ込みのなかにその姿を見ることができました。
同焦点化したアイピース群の使い勝手も良好です。雑多な出自なので、それぞれ形が違いますが、暗いところでも見分けやすいという面もあります。ピントノブを少ししか回さなくて済むので、ミラーシフトもわずかです。
シュミカセ(F10)だと、PL6.4mmとPL10mmの使用頻度が高くなります。これよりも短い焦点距離が使える日には、なかなかめぐりあえません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0