So-net無料ブログ作成
検索選択

ローライコード2をレストアする [カメラ修理]

ため込んでいるジャンクカメラの中に、外装ハゲハゲ、レンズ曇り強し、絞り羽根油が回っていて一枚脱臼、シャッタースロー不良という、手ごわいローライコードⅡがありました。
数年間、分解状態でストックしていましたが、プリモジュニアの成功で勢いがついてしまい、このカメラのレストアにも挑戦することにしました。
まず前面の貼り革をはがします。炭化してボロボロと崩れますが、後で型紙を起こすために、なるべく丁寧に分離し、紙に貼り付けて保存します。ごらんのように遺跡から発掘した土器を復元したような姿になりました。欠損している部分は、初めから剥げていたところです。
DSCN4142_R.JPG
レンズボードの飾り板を外し、レンズボードを本体から分離します。この時入っていたシムの位置を記録し、復元できるようにします。レンズボードから、レンズ前群をゴム環で回転させて外します。レンズ前群を分解して清掃してみると比較的傷も少なく、磨いたところかなりクリアになりました。シャッターユニット後部のレンズも分離して清掃、やはり、かなりクリアになりました。この戦果に気をよくしてシャッターユニットと絞りにトライします。シャッターユニットと絞りユニットを分離して、それぞれベンジン浴させます。
071_R.JPG
073_R.JPG
074_R.JPG
攪拌を数度繰り返し、乾燥させてみると、シャッターは生き返っていました。チャージ環を外して各部に微量の注油を行いました。絞りユニットは、分解すると大変なことになりそうなので、ユニットケースのねじを緩めて、脱臼している羽根を定位置に戻すことにしました。前から後ろから、つまようじとプラスチックピンセットで整復を試みることしばらくで、定位置に戻すことができました。
組み立ては、特に問題なく終了。無限遠と最短距離でピントをチェックし、わずかに前ピンに調整しました。
さて、あまりにもみすぼらしく、人前に出すのがはばかられるような外観なので、外装のレザーを張り替えることにしました。はがした外装の破片をつなぎ合わせて型紙を作り、アマゾンで購入したフェイクレザーを貼り付けてみました。慣れないせいか、とても大変で肩が凝ってしまいました。これが完成した姿です。
DSCN4145_R.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0