So-net無料ブログ作成
検索選択

電子マウントアダプターのフォーカス調整 [電子マウントアダプター]

EMFチップ装着アダプターの設定方法です。どちらのチップも同じ方法で、設定できました。ネット検索でヒットした、Big_is cameraのマニュアルの和訳(抄訳)です。
まず準備です。
カメラの状態を、「Mモード」、「1/60」、「ワンショットAFモード」にします。また、露出補正のステップは1/3ごと(デフォルトの設定です)にします。
設定モードへの入り方は、
「F/64・シャッター、F/57・シャッター、F/64・シャッター」です。
この手順が済んでから、絞りを変更してみて、絞りが1.0まで設定出来るようになったら、設定モードに入れたということです。チップの初期設定は、1.4になっています。
強制的に設定モードから抜けるには、F/6.3~F/51に設定してシャッターを切ると、抜けられますが、それまでの設定は、保存されません。
数値(桁)は、絞り数値で入力します。「入力したい数値を対応する絞りの値で入力」します。
F2.0が0、F2.2が1、F2.5が2、F2.8が3、F3.2が4、F3.5が5、F4.0が6、F4.5が7、F5.0が8、F5.6が9 を表します。
モード0(最大絞り指定のモードです)
F/2.0(0ということですね)・シャッターをして、つぎに、希望のレンズの最大絞り値に設定してシャッターを切ります(たとえば1.4とか2.0、つぎにシャッターです)。
モード1(焦点距離指定のモードです)
F/2.2(1ということです)・シャッター、つぎに5桁(1~65535mm)を指定します。
たとえば100mmであれば、「F/2.0.シャッター+F/2.0.シャッター+F/2.2.シャッター+F/2.0・シャッター+F/2.0・シャッター」(00100)となります。
モード2(フォーカス調整のモードです)
F/2.5(2)・シャッター、二桁の数値でフォーカス調整値を入力します。フォーカス調整値の範囲は0~31です。当方のアダプターでは、24から28で適正な位置が得られました。25周辺から順に撮影し、前ピン後ピンを確認しながら、数値を設定するとよいと思います。
最後に、設定した値のチップへの書き込みは、
「F/57・シャッター、F/64・シャッター、F/57・シャッター」で行います。

一回の、「F/64・シャッター、F/57・シャッター、F/64・シャッター」+「パラメーターの変更」+「F/57・シャッター、F/64・シャッター、F/57・シャッター」の操作で、ひとつのパラメーターの設定ができます。モード0,1,2すべてを変更する場合は、3回のパラメーター変更をする必要があります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0